日本農業気象学会

お知らせ

農研機構-MARCO国際シンポジウム(MINCERnet)のご案内

農研機構-MARCO国際シンポジウム「気候変動下のイネの高温障害にたちむかう
国際観測ネットワークMINCERnet」のご案内

世界人口の半数以上が主食とするコメは、地球規模での環境変動による高温障害、特に高温不稔による減収への対策が世界的に喫緊の課題です。高温による作物の減収への適応策については、栽培や育種など複数の分野で研究・開発が進められていますが、イネの場合は高温不稔に直接関与する水田の群落微気象などの環境データが世界的に不足しているため、誤った要因解明や影響評価がなされたり、適応策の有効性を正しく評価できない可能性があります。そこで、農研機構農業環境変動研究センターでは世界の高温稲作地域を横断する国際観測ネットワーク「MINCERnet」を組織し、高温障害の発生状況と群落微気象のモニタリングを実施してきました。
本シンポジウムでは、各国のイネ高温不稔の実態を報告し、これまでのモニタリング結果を総括するとともに、近年、適応策として有望視されている高温不稔耐性品種の導入や早朝開花による高温回避等の有効性を実証的に評価するための、今後のMINCERnetの展開について議論します。

■日時: 平成30年1月26日(金)9:30 ~ 17:00
■場所: つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3)
■主催: 国立研究開発法人 農研機構 農業環境変動研究センター
■共催: 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター
■後援: 農林水産省 農林水産技術会議事務局、
日本農業気象学会、日本作物学会
■対象範囲:日本国内及び海外におけるイネの温暖化影響に関心のある方々
■使用言語:英語
■参 加 費:無料
■申込締切:平成30年1月19日(金)
■詳細情報と参加登録:
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2017/12/078423.html
多くの方々のご参加をお待ちしております。

PAGE
TOP