日本農業気象学会

2021全国大会

2021全国大会

日本農業気象学会2021年全国大会およびInternational Symposium on Agricultural Meteorology 2021 (ISAM2021)開催のお知らせ

| お知らせ | 大会概要 | 参加申し込み方法 | 大会プログラム | 発表・質疑応答の方法 | 参加費用 |オーガナイズドセッション | 若手の会大会事務局 |ISAM2021 |
<画面下部から上記のメニューに戻る際は、画面右下に表示されるPAGE TOPのボタンが便利です>

お知らせ
オーガナイズドセッションの募集を開始しました。
メールにて「テーマ名・内容・オーガナイザー氏名・所属」を事務局にお知らせ下さい。WEB開催につき、部屋・時間等の制限はございませんので、多数のご応募をお待ちしております。

なお、OSにはオンデマンド動画配信のセッションを用意します。さらにZoom等によるリアルタイムディスカッション等を実施する場合は、オーガナイザー自身が企画・運営して下さい(あらかじめ日時を設定し、事務局にご連絡ください。大会HPおよび要旨集に掲載します)。
一般研究発表および参加申し込みについてはもうしばらくお待ち下さい。システムの準備が整い次第、参加・発表登録を開始します。
総会等についても日時が決定次第お知らせいたします。

・2021年全国大会のページを公開しました(2020/11/11)

  • 大会概要
  • 開催期日:2021年3月18日(木)~31日(水)
  • 概要:研究発表方法は音声付き動画、またはPDFのいずれかを選択していただきます。いずれもオンデマンド配信します。テキストによる質疑応答を行います。
  • 会場
    • こちらのサイトからどうぞ(準備中)
    • ID、パスワードは参加費納入を確認次第、お知らせします。

 

  • 参加申し込み方法
  • オーガナイズドセッション(OS)募集(12月10日〆切)
  • オーガナイズドセッションのお知らせを公開(12月中旬頃予定)
  • 発表申込(一般・オーガナイズドセッション)(3月3日〆切予定)
  • 講演要旨の締め切りは3月3日です。送付方法は後ほどお知らせします。発表者は本学会の会員であることが望ましいですが、必須ではありません。 
  • プルダウンメニューから必ずどれかの研究分野を選択して下さい。この研究分野によりプログラムを編成します。
  • オーガナイズドセッションで発表希望される方は、オーガナイザーの承諾を得た後、発表申し込みして下さい。OS番号を登録情報に記入して下さい。
  • 研究発表用ファイルの締め切りは3月上旬を予定しています。ファイル形式等を含め後日お知らせします。
  • 参加のみの方の申込は3月30日まで受け付けます。 
  • 様式
      • 講演要旨の様式 こちら(MS-Word)
      • ※e-mailの件名には「講演要旨」と記載して下さい。OSの場合は、「講演要旨OS○○」としてください。
      • 送付先(大会事務局)samj2021 (a) agr.hokudai.ac.jpコピー&ペーストされる際は (a) をアットマークに変えてください。

参加費用

 
 
大会参加費

 

正会員 5,000円
ポスドク・シルバー会員* 3,000円
学生(非会員も含む) 2,500円
上記以外 6,000円

*お支払い前に必ずe-mailで参加登録を行ってください。
(今後、金額等を公開します)
クレジットカードで支払っていただきます。キャッシュレス決済等による支払いも可能とする予定です。

 

大会事務局

日本農業気象学会2021年全国大会事務局・ISAM2021(農業気象国際シンポジウム)事務局

北海道大学大学院農学研究院 〒060-8589 札幌市北区北9条西9丁目
TEL・FAX:011-706-2559
samj2021(a)agr.hokudai.ac.jp

大会委員長:谷宏(北海道大学)
実行委員長:鮫島良次(北海道大学)
実行委員:(50音順)
石郷岡康史(農研機構・北海道農業研究センター)
井上聡(農研機構・北海道農業研究センター)
桶川幸夫(気象庁・札幌管区気象台)
岡田啓嗣(北海道大学)
木村賢人(帯広畜産大学)
小南靖弘(農研機構・北海道農業研究センター)
下田星児(農研機構・北海道農業研究センター)
高木健太郎(北海道大学)
中山博敬(土木研究所・開発土木研究所)
根本学(農研機構・北海道農業研究センター)
平野高司(北海道大学)
古澤亜希子(日本気象協会)
松島大(千葉工業大学)

 

 

PAGE
TOP